まんぷく

【まんぷく】見逃し第17週(1/21)92話のあらすじ感想「ラーメンだ!福子!」

【まんぷく】第17週(1/21)92話のあらすじ「ラーメンだ!福子!」

昭和33年(1958)1月1日
福子たちは新しい家で迎える初めてのお正月でした。
新年の挨拶をして福子たちはお雑煮を食べていました。
源は去年とは違ってなんだか寂しいお正月だと言いました。
萬平は信用組合の理事長を辞めてしまったから、今年は挨拶に来る人がいないと話しました。
福子は静かなお正月もいいじゃないと言いましたが、源は幸にお父さんは無職なんだと言いました。
萬平は「その通りだが、いつまでも無職ではないぞ。新しいことを始めるんだ」と話しました。
子供たちに新しいことって何?と質問されますが、萬平はそれはまだわからない…と。
不安そうな子供たちに福子は、お父さんが何を始めるのかワクワクする!と言って笑いました。
福子の家とは対照的に、克子の家では賑やかなお正月を迎えていました。
東京の大学に行っている重之と学も帰ってきて大賑わいでした。
克子が福子たちは寂しいお正月を過ごしているのかと心配すると、鈴は自業自得だと…。
福子の家に真一が年始の挨拶にと訪ねてきました。
真一は源と幸にお年玉を用意してくれていました。
喜ぶ子供たちに萬平は貯金箱に閉まってきなさいと言いました。
それと真一は、萬平の退職金だと5万円を渡しました。
そんな中、家のチャイムが鳴り、敏子も挨拶に来てくれました。
子供たちは敏子からもお年玉をもらい大喜びです。
すると次は世良がやってきました。
子供たちは世良からもお年玉をもらいました。
みんなが来てくれて賑やかになってきた立花家でした。
そこに、克子たちがおせち料理を持って、来てくれたのです。
克子は、本当は鈴が福子の家に来たいと言ったと福子に話しました。
鈴は福子のことが心配でたまらないと思うと。
寂しく新年を迎えたと思っていたら大間違い、狭いお家にたくさんの人が集まって、楽しい楽しいお正月になりました。
福子はみんなにお礼を言いました。

見逃し配信はこちらから

『まんぷく』見逃し配信はU-NEXTがオススメです。
>>>U-NEXTお試しはコチラから
本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

まんぷくこれまでのあらすじと感想

まんぷく|見逃しドットコム