まんぷく

【まんぷく】見逃し第16週(1/14)86話のあらすじと感想「あとは登るだけです!」

【まんぷく】第16週(1/14)86話のあらすじ「あとは登るだけです!」

見逃し配信はこちらから

『まんぷく』見逃し配信はU-NEXTがオススメです。
>>>U-NEXTお試しはコチラから

本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
万能調理器の商品化のための融資には担保が必要となり、自宅と土地を担保にしたいと言う萬平からの頼みを福子は受け入れました。
鈴は自宅と土地を担保にすることには納得していませんでした。
克子とタカが福子の家に来て忠彦の絵のモデルさんのことを話しました。
タカは心配していますが、克子は平静を装っています。
鈴は担保のことを気にしています。
なんともちぐはぐなやり取りで克子とタカは帰って行きました。
帰ってきた萬平は疲れているようでした。
明日、梅田銀行が来るが、萬平は切羽詰まっていることを悟られるかも?!と心配していました。
萬平が子供たちの様子を見に行くと、鈴が子供たちに「ありときりぎりす」の絵本を読んでいました。
源は学校で読んだ本と内容が違うと言っていました。
次の日、梅田銀行さんが池田信用組合に来ました。
融資の相談でした。
萬平の自宅と土地を担保にすることを梅田銀行の喜多村は反対しました。
萬平は、そんな喜多村を織田島製作所に連れて行き、完成した万能料理器を実演しました。
梅田銀行は資金援助をしてくれることになりました。
萬平から連絡を受けた福子も喜びました。

【まんぷく】第16週(1/14)86話の感想「あとは登るだけです!」

まんぷくこれまでのあらすじと感想

まんぷく|見逃しドットコム