SUITS(スーツ)

『SUITSスーツ』9話見逃し配信情報とネタバレ感想

2018年12月3日放送の「SUITS/スーツ」第9話
9話では石田ひかりさん、西村まさ彦さんがゲストとして登場しました。

そんな「SUITSスーツ」第8話の見逃し配信情報とネタバレ感想をお届けしていきます。

↓↓↓『SUITSスーツ』は【FODプレミアム】で見放題配信中です↓↓↓
>>>「SUITSスーツ」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
本記事の配信情報は記事掲載2018年12月時点のものです。すでに配信が終了している可能性もありますので登録前に「フジテレビオンデマンド」サイトにてご確認ください。

SUITSスーツ
画像出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』9話のあらすじは?

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。
あらすじはフジテレビ公式サイトより引用:SUITS/スーツ | ストーリー – フジテレビ

『SUITSスーツ』9話のネタバレ感想

大輔としては他人事とは思えない案件でしたね。
しかも、大輔と同じ能力の持ち主ですし。
まさか、弁護士さんでも枕の営業があったとは驚きです。
みんな、勝利のためには必死です。
でも、相手がカニ先生では…あり得ないですよ。
私、個人的には大輔と聖澤のほうを応援してしまうので、砂里の幼馴染以上の行動にはちょっとイラッとしてしまいます(笑
いくら妹思いの兄でも、かつての親友、妹の好きな人を陥れるとは、遊星はゲスすぎます。
そんなに人の幸せをうらやむのか…
さんざん裏切っておいて!
って遊星兄妹、悪者嫌われキャラですね。
大輔には弁護士資格を取ってほしいと思います。
受験資格がないんでしょうか?!
ハッピーエンドを望みますが…どんな結末になるのか、とっても楽しみです。

>>>>>「SUITSスーツ」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
本記事の配信情報は記事掲載2018年12月時点のものです。すでに配信が終了している可能性もありますので登録前に「フジテレビオンデマンド」サイトにてご確認ください。