SUITS(スーツ)

『SUITSスーツ』10話見逃し配信情報とネタバレ感想

2018年12月10日放送の「SUITS/スーツ」第10話
今回の「SUITSスーツ」なんと11話までの放送です。
通常は10話完結が多いのですが…
そして。ゲストには市川海老蔵さんが登場です。
國村隼さんも相変わらずの良い味だしてます。

そんな「SUITSスーツ」第10話の見逃し配信情報とネタバレ感想をお届けしていきます。

↓↓↓『SUITSスーツ』は【FODプレミアム】で見放題配信中です↓↓↓
>>>「SUITSスーツ」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
本記事の配信情報は記事掲載2018年12月時点のものです。すでに配信が終了している可能性もありますので登録前に「フジテレビオンデマンド」サイトにてご確認ください。

SUITSスーツ
画像出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』10話のあらすじは?

13年前に起こった世田谷女子高生殺人事件。犯人は捕まり解決したものとされていたが、ここにきて冤罪の疑いが生じていた。そんな最中、甲斐(織田裕二)のもとに、最高検の監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)が現れる。澤田は、甲斐の検事時代の後輩であった。甲斐は最高検次長検事の柳慎次(國村隼)の不正への捜査協力を求められる。柳は甲斐の検事時代の親密な恩師であった。協力を拒む甲斐に澤田は「黙ってると先輩も同罪だと思われますよ」と挑発するが、甲斐は取り合わない。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、澤田が柳の件で動いているとチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

そんな折、甲斐のもとに澤田がファームに直接乗り込んでくる。騒然となるファーム。甲斐は澤田に余裕の応対を見せる中、澤田は柳が証拠隠しをしていたという事実を証言するように執拗に迫り、「甲斐の弁護士資格の剥奪」さえもほのめかし……。
あらすじはフジテレビ公式サイトより引用:SUITS/スーツ | ストーリー – フジテレビ

『SUITSスーツ』10話のネタバレ感想

大輔とカニの対決、おもしろかったですが、大輔が負けちゃったんですね。
カニは相変わらず卑怯です。
大輔の経歴詐称を兄の遊星がばらしたことを知って、泣きながら電話してきた砂里、ちょっと可愛そうでした。
砂里も兄の被害者ですね。
空気読めない人はどこにでもいますね(笑
海老蔵さん、織田さん、保奈美さん豪華な3人です。
織田さんと保奈美さんの演技が素晴らしく、海老蔵さんが小さく見えてしまいました。
みんなが苦しそうで、海老蔵さんだけが口笛吹いていました。
大輔は事務所をクビになってしまうのか?
甲斐が独立して、大輔を雇うとか?!
甲斐が抱えている冤罪事件、大輔の今後、最終回はてんこ盛りな感じで楽しみです。

>>>>>「SUITSスーツ」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
本記事の配信情報は記事掲載2018年12月時点のものです。すでに配信が終了している可能性もありますので登録前に「フジテレビオンデマンド」サイトにてご確認ください。