SUITS(スーツ)

『SUITSスーツ』最終回11話見逃し配信情報とネタバレ感想

2018年12月17日放送の「SUITS/スーツ」最終回第11話
今回の「SUITSスーツ」なんと11話までの放送です。
10話での因縁、國村隼さん演じる柳と市川海老蔵さん演じる澤田
どんな展開になっていくのでしょうか。

そんな「SUITSスーツ」最終回(第11話)の見逃し配信情報とネタバレ感想をお届けしていきます。

↓↓↓『SUITSスーツ』は【FODプレミアム】で見放題配信中です↓↓↓
>>>「SUITSスーツ」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
本記事の配信情報は記事掲載2018年12月時点のものです。すでに配信が終了している可能性もありますので登録前に「フジテレビオンデマンド」サイトにてご確認ください。

SUITSスーツ
画像出典:フジテレビ公式サイトより

『SUITSスーツ』最終回11話のあらすじは?

甲斐(織田裕二)は、澤田仁志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。
甲斐は栗林の再審請求することを決意する。
自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。
柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。
果たして2人の結末は……。
あらすじはフジテレビ公式サイトより引用:SUITS/スーツ | ストーリー – フジテレビ

『SUITSスーツ』最終回11話のネタバレ感想

おもしろかったです!
ハッピーエンドですね!!
まだまだ続けていけそうな終わり方だったので、続編が期待できます。
2年後、きちんと弁護士資格をとった大輔が帰ってきて、甲斐先生とのコンビ復活~って感じで。
甲斐先生にあれだけ物申せるのは大輔だけだろうし、自信をつけて仕事をする大輔はどんどんかっこよくなりました。
ステキな女優さんたちが見れなくなるのも寂しいです。
たまいチャン、怒り方も可愛い。
アメリカ版でも秘書の解雇の話がありましたが、アメリカ版の秘書のほうがもっと怒ってました。
犯人の証言のとりかたはかなり強引でしたが、警察も協力してくれたので1件落着となりましたが、本当にこういうやり方をすることもあるんでしょうか?
でも、冤罪ですもんね。
どんなことをしても真犯人を捕まえてほしいと思いますね。
終わり方もスッキリしていて、毎回おもしろかったです。
アメリカ版もまた見てみたいと思いました。

>>>>>「SUITSスーツ」見逃し配信はFODプレミアムがオススメです
本記事の配信情報は記事掲載2018年12月時点のものです。すでに配信が終了している可能性もありますので登録前に「フジテレビオンデマンド」サイトにてご確認ください。